CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< これはひどい | main | オススメ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
またですかやだー(棒
政経ch -
伊勢神宮、遷御の儀に首相が出席
…「戦前回帰だ!」「政教分離に反する!」との声
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-10719.html

見る。
・・・「!?」
何か心のレーダー引っかかったので
> 日本キリスト教協議会の靖国神社問題委員長

↓↓↓↓

バチカンがそんなポスト作るわけねーよな?
  →日本キリスト教協議会 でググる

↓↓↓↓

- NCC日本キリスト教協議会
http://ncc-j.org/

なんともいえない。
最下部の住所でググる

↓↓↓↓

まとめたニュース :
 「新宿区西早稲田2-3-18」を検索するとトンデモナイことに
http://matometanews.com/archives/1552462.html



オーケー、把握した。
たぶんいつもの連中。
| 日々是。 | 15:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:01 | - | - |
コメント
あらかたの日本人は、自分自身のことを無神論者であると考えているようだ。
それにもかかわらず、国の指導者が無宗教で (靖国神社とは無関係に) 戦死者に追悼の念を表明できないのはどういうことなのか。

人間は、基準に合わせて判断を下している。
日本人の基準は序列である。序列の基準は現実の中にある。非現実の基準は考えることができない。
英米人の基準は ‘あるべき姿’ である。この基準は現実の外 (頭の中) にある。人々が求めるものは、個人の頭の中にあるリーズン (理性・理由・適当) である。
彼らはリーズナブルの範囲での決着を願っている。リーズンを失うことは恥である。この恥は、見栄とも外聞とも関係がない。

我が国においては、お上の言うことは、理由のあるなしにかかわらず、現実の基準 (錦の御旗) になっている。そうでなければ非国民 (非序列人間)。こうした傾向は、国の内外から危険視されている。
民はお上の恣意に対して無防備・無力・無抵抗。’耐え難き’ を耐え、’忍び難き’ を忍んで、南の島に雪を降らせている。
民はたとえ反抗しても、筋 (リーズン) を通すことは難しい。筋により事柄を取り決める習慣が社会にないからである。

我が国の長は、自分が日本人の信頼を得るために、序列人間である証拠を示さなければならない。だから、神社参拝が必要である。カミに服従を示すことが欠かせない。信なくば立たず。村八分にされては活動できない。
序列人間の長であることが人々に確信できれば、いったん緩急あれば、’たとえ火の中水の中’ という人間がいっぱいいる。ともに散ります国のため。かれらは、そうでなければ動かない人たちでもある。
だから、我が国の政治家は、英霊の御霊に追悼の念を表す際に、宗教家の手を煩わさないわけにはゆかないのである。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/




| noga | 2013/10/03 11:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blade.jugem.cc/trackback/1286
トラックバック