CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< わかりやすいネタだなぁ | main | 震電 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
住宅絡みの防衛策
トヨタホームが工事手抜き - OhmyNews:オーマイニュース
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070508/10869

>茨城県つくば市に住む長秋雄さんは、トヨタホーム東京と契約して新築した自
>宅に関して自力で次々に欠陥を発見し、現在までトヨタと交渉を続けてきた。
>しかし、トヨタは自らの非を認めようとしない。

あー、典型的な展開を見せてるように見受けられます。
気のついたところだけでもつっこんでおきますと

>床下に潜ってわかった欠陥

>「妻が、ダイニングの床暖房の調子が悪いというので、私が床下に潜ってみる
>と、床暖房の配管に保護管が巻かれていませんでした。修理に来た業者は、
>規定以上の温度ムラがあることを確認した上で、『温度が低いのは、ここに配
>管が無いからです』と話してくれました。

>トヨタの場合は鉄骨構造をユニットとして組んでいくので、その間に10センチ
>ほどの鉄骨が入ることになります。そのため、床暖房エリアの真ん中に、10
>センチから20センチの間隔で床暖房のパイプが配管できない。
>これは構造上の欠陥商品です。

これは、トヨタホーム側のミスかなと。
といって、「欠陥だ!」というわけではなくて。
耐震強度を出すためにユニット組み工法してるのを、購入側は承知している。
だったら事前に
「そこは構造上配管がどうしても敷けませんが、ご理解のうえご承知ください」
って話しておいて、記録をつけておけばよいかなぁ、と。
こればっかりはやだって言ってもどだい無理な話ですからねぇ。
回避するには特殊な改造がいる=基本工事の枠外=追加料金でしょうし。

> それ以上にひどいのは、マニュアルによれば、暖房配管は保護管で巻く(略)
トヨタがやとった床暖屋が悪かったんだねぇ
最終的に施行管理してるトヨタにしわよせがいきますが。

>当時はまだトヨタホーム東京を信頼していたが、
極論すると、この会社に限らず、全幅の信頼は置いたらいけませんわ。
だって、「契約書の甲と乙」以上の関係にはなりえないんだから。

以下、事後対処の経緯はかなり略す。

>その上、基礎工事の修理要求を放棄しない限り、床下の不良箇所に関する
>修理もしない、と前言を翻してきたのです。

あー、2002年度の案件を後年度において持ち出されてきて
予算をひねり出すこともままならなかったかなぁ、んでゴリ押してきたかなぁと。

>「この間トヨタといろいろ交渉しているが、すみません、と謝られたことは一度
>もありません。トヨタは自分の非を認めない会社、グループだと思います」

すみません → 更なる要求コンボを恐れて口にできなかったのでは。
すべて合意して片付いたあとならなんぼでもあやまったんちゃうかな?

(略)
>トヨタもその発言を認めましたが、私を紛争相手方と認識しているので、謝罪の
>意思はないとのことでした。私は正式にトヨタホーム東京と契約書を交わして、
>ローンもきちんと払っているのに」
紛争相手方でがんがん経費+時間がかさんできてるから、感情的になったんかねぇ。
しかも時間がかかってるだけでちっとも企業として収益にはつながらんし。
あと、細かいですが、ローンの支払い先は紹介された別会社。冠同じでも別会社。

以下略。

えーと、見てる限りにおいて、こういうことにならない為に
やっとくといいことは、
「鉄は熱いうちに叩け」
「馬にニンジンやるのはあとで」
これにつきます。

「鉄は熱いうちに叩け」
文句は、できるだけ施工中にいうべき。
なぜなら、施工中は職人が日当で稼動中です。ということは、
その中の作業ということで、修正が行える場合が結構あるでしょう。
完了後だと、職人手配から材料から(略)で、施工中ついでと比べ3倍手間くらい?
後出しより先に見ておけ、です。

→そんなん言われてもパッとわかれせんわ。
ある程度予防的に担保したければ、分かるヒトを数日間、それこそ日当でも払って
確保すべし。

その契約に利害の無い、
工事内容を理解できる、信頼できるヒトを、時折視察に立ち会わせる。
そのさい、気持ちでも日当くらいは謝礼をするとベター。
日当ぶんの働きはしてくれるハズ。

で、そういうヒトが見に行くことについて現場監督にいっておくこと。
そういう監視の目が、一番効く。
来てない日でも、突然依頼者が突然見にきたりするだけで
「あ、これあのヒトに相談してバレへんかな」と心理予防効果も多少期待できる。

あと、相手がシロウトやと思うと監督者ですら、どうしても油断します。
逆に「わかってるヒト」がくると分かれば、黙ってても監視体制が強化されます。

ここで日当払いをケチって、日当以上の修正経費がかかるよりマシ。
何せン千万の買い物。品質向上の保険が、数人日ぶんの日当なら上々じゃね?

「馬にニンジンやるのはあとで」
多分常識的なところ?だと思いますが、
「前金で完納」は現場の士気を著しくさげます。「もういただいたし、ねぇ」と。
「着工で半金」「完工で半金」にしておくと、
完工渡し前に書類請求や手直し要求できますし。現場のモチ維持可能。

ま、それでもできる限り、ですけどもね。
| 日々是。 | 02:24 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:24 | - | - |
コメント
My News Japan の記事「トヨタホームが手抜き工事」が元記事です。ご覧下さい。
| 支援者 | 2010/12/01 10:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blade.jugem.cc/trackback/450
トラックバック